オショウさんのネオ・タロットカード

オショウさんのタロットカードには、2種類あります。1つは1984年に最初に発行された、ラジニーシ・ネオ・タロットカード、その後、名前を変えてオショウ・ネオ・タロットカード、そして今、オショウ・トランスフォーメーション・タロットカードとして再発行されているカードと、オショウ・禅・タロットカードです。

上から:1984年に発行された、最初のカード、裏のオショウさんの写真がカラーになった、次に発行されたカード、そして、一番新しい版では、オショウさんの描いた絵になっています。

このサイトのセルフ・リーディングに使われているカードは、前者のカードで、現在、日本語版は絶版となっている、オショウ・ネオ・タロットカードです。

オショウさんの事を検索していたら、どちらかの方が、ネオ・タロットの各カードの写真と日本語の解説を PDF に変換なさって、アップされているのをみつけたので、それを基にして創りました。

私がリーディング・セッションに使っていたカードも同じカードなのですが、最近、トランスフォーメーション・タロットカードか私の元に来てくれましたので、それを使っています。

私は、1980年にオショウさんのアシュラムに1年間滞在して、その後、オレゴンのラジニーシ・プーラムにも2回程、夏のセレブレーションに参加しましたが、その後は自分で神秘の勉強はしてはいたものの、オショウさんのムーブメントからは、ずっと離れていましたので、オショウ・禅・タロットカードの事は、最近まで知らなかったですし、現在、持ってもいませんが、また、機会があれば、得たいと思っています。

ネオ・タロットカードとトランスフォーメーション・タロットカードの伝えるメッセージは同じですが、表記に少しの違いがあります。

ネオ・タロットとトランスフォーメーション・タロットのチョットした違い、でも、メッセージは同じです。

* オショウさんの写真の削除

* 何枚かのカードのタイトルの変更

ネオ・タロットでは、60枚のカードの最初のカードは、オショウさんの写真で、カードのタイトルは ”バグワン” または、”オショウ” で、このカードに関する解説は無く、ただ、”究極” とだけ書いてありましたが、新しい版のトランスフォーメーション・タロットでは、”No-Mind” 空、となっていて、サブタイトルは、”The Ultimate and The Inexpressible” 究極と言い表せない事、となっていて、オショウさんの写真の代わりに、お月様とお星様のイラストになっています。

2枚目のカードのオショウさんの写真も削除されて、彼の写真の代わりに、地球のイラスト、そして、彼のお弟子さん達の決められた色であった、赤系の服を着た人々のイラストが、緑や青など、色とりどりの服の色に変えられています。カードのタイトルも、”コミューン” から、”コミュニオン” に変わっています。

他にも何枚かのカードのタイトルと、その解説文に変化があります。例えば、4番目のカードのタイトルは ”降伏” でしたが、”正直” に代わって、その、解説文にも少しの変化があります。

この一連の変化は、「私の指を見ずに(私の指に噛みつかずに)、私が何処を指さしているかを見てください」 “Don’t bite my finger look where I’m pointing.” と言う事なのでしょう。”オショウ教” とかを、作り出せないように、彼、そして、いかなる先生をも見ず、彼等が指し示している、その ”道” を見て、自分に合うようだったら、歩いてみる、と言う事でしょうか。

まぁ、私達、道標にしがみついて、「私の道標が1番美しい」とか、始めますものね、ハハハ ^_^;